採用インタビュー

周りから信頼を得て
安心させる存在に

2018年入社益田 賢一【トラックドライバー】

採用インタビュー

吉行産業でトラックの運転手がしたい。小さい頃からの目標

小さい頃から大型トラックの運転手に憧れていたことが吉行産業を志望した理由です。実は祖父が吉行産業でトラックの運転手していて、子どもの頃にトラックに乗せてもらったり、ショベルカーに乗っている姿を見せてもらったりしていて、かっこいいなと憧れていました。そんな祖父の影響を受けて、大型免許を取って吉行産業で働きたいというのが小さい頃からの目標だったので、大型免許を取得してすぐに応募しました。従業員の方たちは祖父のことを知ってくださっているので、かわいがってもらいながら楽しく仕事をしています。

トラックを運転すること自体が楽しい

資材の運搬が主な担当業務で、県内外の道路の舗装関係や災害復旧などの仕事に携わっています。長い距離を運ぶ仕事は大変ではないかと聞かれることもありますが、現場は1、2時間程度のところがほとんどですし、トラックを運転することが好きなので、どこまで行ったとしても楽しいですね。今まで大変だと思った仕事はありません。家族と出かけた時などに自分が現場として関わった場所を通ることもありますが、そんなときには「ここは自分が資材を運んできたところ」「この道路は自分たちがアスファルトを打ったところ」など自慢気に話すこともあります。

採用インタビュー

誰でも安心して働ける職場。それが吉行産業

アットホームで優しい。それが吉行産業の魅力です。どこの会社でも上下関係があると思いますが、吉行産業にはそういったものを感じることは多くはありません。分からないことがあれば、時に厳しく、時に丁寧に教えてくれるので心配事はありませんし、お互いに冗談を言い合ったりして大笑いするようなこともあります。初めての現場で道が分からないような時でも、付いていく自分を気遣ってくれて交差点ごとに確認してくれることもしばしばあります。気軽な職場で、優しくて、丁寧で、分からないことはしっかりと教えてくれる。そんな誰でも安心して働ける職場が吉行産業です。

目標は吉行産業の顔になること

まだ5年目ですから覚えなければいけないこともたくさんありますが、周りからの信頼を得て、現場を安心して任せてもらえるようになって吉行産業の顔になりたいですね。また、これから入社してくる後輩に優しく丁寧に教えられる先輩になることも、もう一つの目標です。教え方も、理解の仕方も人それぞれですが、誰にでも分かりやすく仕事を教えられる先輩になりたいです。今若手と呼ばれているのは私ともう1人の2人だけなので、吉行産業の未来を背負っていく者として、いろんなことに頑張っていきたいです。そして、自分たちと一緒に頑張ってくれる人たちと一緒に働きたいと思っています。